ちくわ

ちくわにきゅうりを入れるとうまい

安宅和人 (著) イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」を読んだ

この本では、生産性を上げることを、同じ労力・時間でより多くのアウトプットを出すこと(= バリューのある仕事)としており、バリューのある仕事とは課題の質(これをイシュー度と呼んでいる)と解の質のマトリクスで表し、イシュー度と解の質がともに高い状態を指しています。

イシュー度 -> 自分の置かれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ

解の質 -> そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い

そして、ここで解の質を最初にあげようとするアプローチ(労働量、努力や根性で解を出すこと)を「犬の道」と筆者は読んでおり、先にイシュー度を上げるアプローチの重要性を説明しています。

理屈としてよく分かるし、(ケースとしては稚拙なものですが)何か問題解決するときに、問題内容を正確に理解せず思い込みでインプットしたのち、出した答えは何の価値もないものだったという経験は何度もあります。

働きをかけるベクトルは正しいものでなければ、その働きは何の意味もなく、当然生産性はステイどころかマイナス成長してしまいます。
(生産性 = 成果/投下した労力・時間 という方定期式で考えると、分母を無駄に増やしていることになる)

かといって問題を把握することに時間を費やしても、成果は出ないので、いかに効率的に・的確に問題を分析するかが重要になるかと思います。この本の序章以降はその辺りが書かれていました。

ただ、全体的に出てくるケーススタディが物流だったので、今の仕事に転換イメージするところで止まってしまい、序盤 〜 第1章(イシュードリブン - 「解く」前に「見極める」)あたりウンウンと頷いて読んでいましたが、後半は流す感じになってしまいました。

最後に、この本で刺激を受けた事として、以下を抜粋します。

どんなイシューもサブイシューも、答えを出して初めてそれに関する仕事が終わった、と言える。ここで大切なことは「停滞しない」ことだ。 要は手早くまとめていくのだが、そのためには次のコツを知っておきたい。

停滞を引き起こす要因として、最初に挙げられるのが「丁寧にやりすぎる」ことだ。- 中略 - 生産性の視点から見ると、丁寧さもすぎると害となる。- 中略 - 単に丁寧にやっていると、スピードだけでなく完成度まで落ちてしまうのだ。

『第4章アウトプットドリブン > 軽快に答えを出す > 回転数とスピードを重視する』より

ここでは丁寧すぎること指摘されていますが、継続的に・適切なボリュームのイシュー立てを行うことは大事だなと思うのでした。いつまでも閉じれないイシューや、定期的に見直しが必要なのにケアされていないイシューがあるケースを思い返しつつ…

伊賀 泰代 (著)「生産性」を読んだ

読書会の課題図書ということもあって、ちゃんと?通して読みました。

生産性というテーマで、前半は生産性 is 何、本当にそれ生産性あることなん?という視点で語られていて、後半になるにつれ生産性をあげるための具体的なノウハウに移っていく流れです。

紋切り型な対応を挙げてより生産性の高い手段・考え方は何かを整理して説明されていて、話の流れも読みやすく腹に落ちる事が多い印象を持ちました。 (日本の対応あるある話がどこまで実際にあるあるなのかは分かりませんでしたが…)

個人的に刺さったのは、第3章にあった「成長とは、『生産性が上がる』こと」でして、以下一部抜粋です。

自分で目標を立て、その達成度合いに応じて評価される目標管理制度について「目標を低めにたてほうが得をするおかしな制度」と言った批判がつきまとうのも、その目標が量で決められているから

-> 成果も達成目標も生産性の伸びによって設定する -> 目標上限もなく、続ければ大きな進歩となる

量ではなく質を重視する組織になる。成果の絶対量の大きさではなく、生産性の伸びを評価する組織になる — これが今後の組織づくりにおける重要なポイント

-> 生産性を評価基準に取り入れると、労働の質に意識をむけるようになる

なるほどね〜

SRE Tech Talks #2 に参加してきた

こちらの勉強会に急遽潜り込むことができました。

eventdots.jp

以下、資料たちです。

株式会社メルカリ - SRE 久保達彦 @cubicdaiya

speakerdeck.com

サイボウズ株式会社 運用本部・サービス運用部・SRE 深谷敏邦 @toshi_pp

www.slideshare.net

クックパッド株式会社 インフラストラクチャー部 SRE グループ長 星 北斗 @kani_b

speakerdeck.com

株式会社ミクシィ XFLAG™スタジオ ゲーム開発室 SREグループ 清水 勲 @isaoshimizu

speakerdeck.com

さくらインターネット株式会社 技術本部エンジニア 山田修司 @uzyexe

sssslide.com


いずれも規模の大きいシステムに対して柔軟性を持ったインフラを提供する工夫やそれにいたる歴史が語られていて、刺激と気づきと反省を得ることができました。

今の業務を改善をしていく姿勢は勿論ですが、積極的にソフトウェアで解決してレバレッジを効かせていくと、より平和な世界と品質の高いサービス提供の基盤を提供できそうです。

(英語だけど) オライリーの書籍「Site Reiability Engineering」も無料公開されていますし、SRE の普及はより進みそうです。 http://www.publickey1.jp/blog/17/googlesite_reliability_engineering.html

しかし、pagerduty の導入率高いなー。

Wi-Fi 対応の体重計 Withings Smart Body Analyzer を購入した

前々から欲しいけど高いなぁと思った居たところに

と、ホシハヤトさんがつぶやいてるのを見てセールを知り、直ぐに奥さんにプレゼン。なんとか説得に説得を重ね購入できました!ありがとうございますホシさん!!

 

そして購入したのはこちらです。 買ったのはホワイト。

Withings Bluetooth・Wi-Fi対応 体重計 Smart Body Analyzer WS-50 体脂肪/心拍数/室内環境分析 ブラック 70023101【日本正規代理店品】

 

続きを読む

手元のテキストスニペットを alfred にもってきた話

snippet 便利ですよね。 長らく peco + zsh を使って CUI 上でスニペット運用をしておりました。 まさに、以下の仕組みです。

blog.glidenote.com

これはこれで非常に便利なのですが、本番サーバに入っている場合は都度ローカルターミナルを開いて(或いは移動して)、スニペットを出すコマンドを実行し、セレクトするため、ちょっとアクションが多いなという所感を持っていました。

そんな中、alfred version3 がリリースされました。

続きを読む

ブログお遍路を経て

ちょうど一ヶ月前、この投稿より、毎日ブログを書くという企画を会社の仲間とやっていました。

blog.ginbear.com

日が跨ったりしたことはありましたが、なんとか(この投稿を含めて) 31 投稿、欠けること無く達成した事になります。
自分の投稿を振り返ってみると、

  • 趣味のクライミングネタ(これは別のブログ グミうまい に書いていた) * 7 投稿
  • AtCoder ネタ * 7 投稿
  • 読書ネタ * 4 投稿
  • IIJmio に乗り換えた話 * 4 投稿
  • 日記 * 3 投稿
  • mackerel ネタ * 2 投稿
  • その他 * 3 投稿

約半分が趣味のクライミングと AtCoder に頼ってきた感じです。確かに振り返るとネタが無いに AtCoder を解いたりクライミングの記事を書いた記憶があります。

2015年のブログ投稿が 2 つという事を考えると、圧倒的に増えました。とりあえずネタはなんでも良いとすれば、生み出せるものなんですね。

発見したこと

お遍路前は、一つの投稿の内容に結末や結論的なものが無いとダメなんだという個人的な障壁があり、書こうかなと思いつつ記事にせず流れてしまった事が多々ありました。

今回投稿した中に、(IIJmio に乗り換えた話)を三分割して投稿したのですが、この様にゴールまで行かなくとも、ある程度話が進んだ段階で纏めて小出しにしたほうが、まとまりが良いという気付きがありました。 ログローテーションで言うと、容量でローテートするのではなく、時間でローテートする感じです。伝わりにくいですね。すいません。

投稿内容への考え方

例えば日記関係の投稿()に関しては、この投稿は果たして何のために、誰に向かって書いてるのか腹に落ちない所があったのですが、細かい事を考える前に書いて見ました。

日記に関しては未だに明確な目的を持って書くことが出来ていないのですが、世界の何処か自分とは全く考えが違う人の心とか考えとか参考になるのではと思う事にしました。インターネットってそういうものだよね。という感じで。

ある記事単体では何の参考にもならないけど、インターネットという媒体を通すことによって別の意味が帯びてくる事もあるかもしれないですよね。

今後も続けるか

家族の時間を少し犠牲にした部分もあったので、今後も毎日というのは厳しいと感じました。

ですが、自分の中の投稿ハードルがいい意味で壊れたので、今後の投稿ペースは上がるのではないか...と思う。たぶん。きっと。恐らく。

『ソフトバンク光』から『 IIJmioひかり』 への乗り換えの軌跡(終幕編)

まさか最初はこんなに長くなるとは思っていなかった...
二投稿で終わらせようと思っていた自分が甘かったです。

blog.ginbear.com

こちらの ToBe である

IIJmio 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)ファミリーシェアプラン
+
IIJmio ひかり

にようやく到達しました。

続きを読む