読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわ

ちくわにきゅうりを入れるとうまい

caps を ctrl に変更する方法

windows7 Windows

Windows にて CapsLock を Ctrl にするとメリットがあります。

  • Ctrl が押しやすくなる(気がする、小指ずらすだけでいいし。
  • Mac がそうなってるから交互に使っても違和感が減る(元々は UNIX の文化?)

方法についてはググればいくらでも出てくるけど、

自分のブログにあると自分が安心するのでメモ。

今回インストールした環境は Windows7 64bit 版

早速インストール

レジストリをいじってもいいんだけど、触らずに済むなら触りたくない。

そこで、Microsoft から Ctrl2Cap なるツールが出てるのでそれを使用する。

ちなみに、CapsLock を Ctrl キー化するのみで、既存の Ctrl は CpasLock にはなりません。

個人的には CapsLock キーは使用しないので無問題。

1) MS のサイトから該当ツールをダウンロードする

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897578.aspx

→ Download Ctrl2Cap をクリックしてダウンロード

2) 適当な場所で解凍する

3) Windowsキー + r で「ファイル名を指定して実行」を開く

4) cmd と入力し Enter → コマンドプロンプトが開く

5) cd <Ctrl2Cap を解凍した場所> で移動する

この時、エクスプローラーのフォルダパスをコピー

コマンドプロンプトで右クリック → 貼り付け とすると楽

6) ctrl2cap.exe /intall とタイプして実行(Enter)

C:\Users\userA>cd C:\Users\userA\Documents\tools\Ctrl2Cap

C:\Users\userA\Documents\tools\Ctrl2Cap>ctrl2cap.exe /install

Ctrl2cap Installation Applet

Copyright (C) 1999-2006 Mark Russinovich

Sysinternals - www.sysinternals.com

Ctrl2cap successfully installed. You must reboot for it to take effect.

C:\Users\userA\Documents\tools\Ctrl2Cap>

7) reboot する

以上で完了。

アンインストールの場合は

C:\Users\userA\Documents\tools\Ctrl2Cap>ctrl2cap.exe /uninstall

として reboot するだけで良い

尚、自分が今回インストールした環境ではすんなりインストール出来ましたが、

場合によっては管理者権限(コマンドプロンプトを管理者権限で開く)事が必要なケースもある模様

参考

http://d.hatena.ne.jp/edmogra/20101103/1288755272