読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわ

ちくわにきゅうりを入れるとうまい

history コマンドについて挙動を調べてみた

Linux

一つの共有アカウントを使用した場合、history がどのように残るかずっとモヤモヤしていたので、調査してみました。

共有アカウントでだけでなく、同一ユーザから複数のシェルを起動した時も同じ疑問が残るかと。

 

 

 

環境

$ cat /etc/redhat-release

CentOS release 6.2 (Final)

$ bash --version

GNU bash, version 4.1.2(1)-release (x86_64-redhat-linux-gnu)

以下略

いろいろやってみた

パターンA   - ログイン時間が重ならないパターン

f:id:ginbear:20141115173301p:plain

shell(1)

$ history -c

$ history -w

$ echo nya

nya

$ exit

shell(2)

$ history

1 history -w

2 history -w

3 echo nya

4 exit

$ echo wan

wan

$ exit

shell(3)

$ history

1 history -w

2 history -w

3 echo nya

4 exit

5 echo wan

6 exit

パターンB - シェルが後半だけ重なってるパターン

f:id:ginbear:20141115173647p:plain

shell(1)

$ history -c

$ history -w

$ echo nya

nya

$ exit

shell(2)

$ history

1 history -w

$ echo wan

wan

$ exit

shell(3)

$ history

1 history -w

2 history -w

3 echo nya

4 exit

5 echo wan

6 exit

→ nya も wan も見えてるなぁ

パターンC - シェル起動中に別シェルが起動・終了するパターン

f:id:ginbear:20141115173701p:plain

shell(1)

$ history -c

$ history -w

$ echo nya

nya

$ history

1 history -w

2 echo nya

$ exit

→別シェルのコマンドはリアルタイムには反映されない

shell(2)

$ history

1 history -w

$ echo wan

wan

$ exit

shell(3)

$ history

1 history -w

2 echo wan

3 exit

4 history -w

5 echo nya

6 exit

→一旦 exit したら2つとも見えてる

パターンD - 同一シェル内でシェルを起動した

f:id:ginbear:20141115173708p:plain

shell(1)

$ history -c

$ history -w

$ echo nya

nya

$ bash

$ history

1 history -w

$ echo wan

wan

$ exit

exit

$ history

1 history -w

2 echo nya

3 bash

・子シェルを起動して終了しても子シェルの history は見えない

shell(2)

$ history

1 history -w

2 echo wan

3 exit

4 history -w

5 echo nya

6 bash

7 exit

・一旦 exit すると追加されてる。ただ順番が入れ替わってる。時系列機には先に nya を売っているが、子シェルの wan が古い履歴に入ってる結果となった。うーん、これはどういう挙動なんだろう。

最後に

・以前作業中に履歴が作業履歴が history に残らなかった記憶があったので調べてみたが、結局なんらかの形で履歴は残ってしまった。あれはなんだったんだろう。

 

・ぐぐってみたけど、やはり session 終了時に、 .bash_history に save (追記)される模様。

gnome-terminal(Linux 上の GUI terminal) を mouse でバツ切りしたり、reboot すると save されない情報もあった。へー。

ref. http://linux-training.be/files/books/html/fun/ch13s07.html